フェイシャルデトックス

表情筋と老化の関係

“表情筋”とは、お顔にある40種類以上の筋肉のことです。
文字通り、顔の表情を作る筋肉ですが、その他の機能は、大きく2つに分けることができます。

1、支える機能

人の皮膚は筋肉によって支えられています。もちろん顔の皮膚や眼球、まぶた、口角も、筋肉によって支えられています。

“表情筋”が衰えることで、皮膚や各パーツの重みを支えることができずにタルミやシワなどのトラブルなどが発生するのです。
逆に、“たるみ“や“シワ“を予防するには、表情筋を鍛えるしかないのです。

2、血行促進機能

皮膚は、血液の中の酸素や栄養素を取り込む事で、細胞を活性化させ、新たな皮膚細胞を生んでいます。

細胞に毒素や老廃物が溜まったままでは、酸素や栄養素が取り込まれる余地がなくなり、水分や油分のバランスが崩れ、肌トラブルの原因となります。

美肌の為には速やかな解毒が必要になります。その解毒ポンプを動かすのは、筋肉です。

年齢を重ねると、筋肉は老化し、長年の表情のクセで筋膜は癒着しがちに…

その結果、シワ・タルミはおろか、血の巡りが滞ることで、毛細血管の隅々まで酸素や栄養素が行き渡らなくなり、ハリ・ツヤのなく、シミや吹き出物などのトラブルの絶えない、老化肌になっていくのです。

y-DETOX式筋膜リフトとは

y-DETOXを考案された那賀洋子先生は表情筋だけでなく、頭部の筋膜の癒着にも着目しました。

頭部の筋膜は表情筋とも繋がっており、頭部が癒着していると、表情筋をほぐしたり鍛えたりするだけでは、“歪みやほうれい線が取れない”など、思ったような効果が得られなかったからです。

また、頭部の筋膜が癒着して凝り固まると、脳の血流自体が滞ります

頭部の筋膜が癒着すると、

薄毛頭痛記憶力・判断力の低下
疲れ顔のゆがみ肌の老化認知症

などの不調の原因となります。

筋膜リフトにより顔と頭部の筋膜の癒着をとることで、まず筋肉の可動域が増え、解毒ポンプが動き始めます。

すると、毒素や老廃物が流れ、血流が良くなり、不足している酸素や栄養素が細胞の隅々まで行き渡りやすくなることで、筋肉・皮膚が本来の位置に戻っていきます。

骨格のせいだと諦めていたコンプレックスも、意外に筋肉の位置が原因ということもあり、想像を超える小顔効果に驚かれる方も少なくありません。

また、脳の血流が良くなることで、セロトニンが分泌され、疲れが取れ良いアイディアが浮かびやすくなるなどの嬉しい副作用も多数聞かれます。

脳のデトックス

頭皮、お顔の筋膜が癒着すると血液の循環(栄養と酸素)が滞り、老廃物を出せなくなります。

血液に乗って栄養や酸素が運ばれるので血液循環滞ると、脳が栄養失調、酸欠状態になります。

また、日本人の3〜4人に1人(約3000万人)が「頭痛持ち」で、そのうち2200万人が「緊張型頭痛」であると言われています。

これは、筋膜の癒着により、頭蓋骨が締め付けられる状態になっているために起こると考えられます。

これらの症状を治していくには、まず頭部の筋膜の癒着を解消し緊張を取り、老廃物を排出できるようにします。

そして、脳へ栄養・酸素がしっかりと流れるようにすることで、あなたはスッキリ爽快感を得られるはずです。

人の健康とは【気・血・水】の三大要素で成り立つ

東洋医学では、人の健康とは【気・血・水】の三大要素で成り立つといわれています。

首から上の筋膜の癒着を取ることで、顔、頭皮、脳の毒素や老廃物の排出がはじまり(水)血流が良くなり(血)溌剌とした表情とクリアな脳が手に入ります。

すると、おのずと気力がみなぎり(気)、心身ともに健康になることができるのです。

これこそが、筋膜リフトはまるで脳のデトックスだと言われる所以なのです。

フェイシャルデトックスでは、表情筋と頭皮に徹底的にアプローチし、たるんだり緊張したりしている表情筋を引き上げます。
それにより、小顔効果が得られたり、シワやたるみが驚くほど改善されます。

施術料金

フェイシャルデトックス(50分)  ¥12,000→¥6,800(初回)

施術一覧

 施術メニュー 料金(税込)
腸セラピー(30分)  ¥5,000
ボディデトックス(70分)  ¥18,000→¥9,800(初回)
漢方黄土よもぎ蒸し ¥4000
美筋膜リフト(お顔)回数券
1回(50分)  ¥12,000
3回  ¥30,000
5回  ¥45,000
10回  ¥80,000
美筋膜スリム(全身)回数券
1回(70分)  ¥18,000
3回  ¥45,000
5回  ¥65,000
10回  ¥110,000
ホームケアの指導も行っていますので、施術後もきれいな姿勢を保ち、老廃物をためず、快適な日常を送っていただけるよう全力でサポートいたします。


このページの先頭へ